マシュマロヴィーナスに副作用の心配はある?

服用によって直に体内に成分を取り込むことになるプエラリアゼリーと比べると、

バストアップゼリーは飲むだけなので、配合成分による副作用の危険性は少ないと言われていますが、全くゼロというわけではありません。

特にバストアップ成分の代表選手とも言える「プエラリア」は女性ホルモンへ働きかける作用がありそれ故にバストアップ効果が得られるとされているのですが、一方で生理不順や生理痛の悪化、更には不妊症や子宮がん、乳がんのリスクが高まるのではないかと懸念されてさえいます。

それで、もし副作用のリスクを一切排除したいのであれば、プエラリアを使用していないバストアップ商品、「ピンキープラス」を使用することをお勧めします。

マシュマロヴィーナスは授乳中のママさんやまだ10代の中学生・高校生でも使用して大丈夫なのか?

まず授乳中の場合、赤ちゃんに及ぼす影響が気になることでしょう。

しかしマシュマロヴィーナスは天然由来の成分をプエラリアですが、特に赤ちゃんがお腹にいるとくは服用を中止するのが良いでしょう。

また10代の女性はプエラリアの影響を強くうける可能性があり

本来女性ホルモンの分泌が活発な10代の場合、プエラリアを使用した場合、効果が強くでるため副作用を心配される方も多いようです。

10代の女性ホルモンが活発な時期と併用すれば相乗効果が期待できるとされて摂取される方もいますが、女性ホルモンの活発な時期はリスクも伴うため基本的にはおすすめはしませんが、、、